新米を味わう!“和”のご飯 (その1)  【ふっくら炊いて 混ぜご飯】

【本日のお品書き】
 1.しらすとごまの混ぜご飯
 2.豚しゃぶと梅と水菜の混ぜご飯
 3.ハツ江のおいしい知恵 「米はやさしく洗う」



2015年9月分の放送「新米を味わう!“和”のご飯」のレビューが始まりました。
今日は混ぜご飯です。
今月も大庭さんが監修ですよ!

電子番組表にはこんな感じの説明がありました。

米の洗い方や炊いたあとのひと手間を知って、ご飯をふっくらさせる。風味・香りのある具で混ぜご飯に。

▽しらすとごまの混ぜご飯…しらす、切りごま、万能ねぎ、レモン汁をご飯と混ぜる。
▽豚しゃぶと梅と水菜の混ぜご飯…豚肉を湯通しして細かく切り、
たたいた梅干しをからませたものと、刻んだ水菜をご飯に混ぜる。
ミニコーナーは、「米はやさしく洗う」。
精米技術が進んだため、力を入れてゴシゴシする必要はなく、ボールを握るような手つきで軽く回せばOK。


* * *


「ふっくら炊いて 混ぜご飯」

「いよいよ新米の季節。
ごはんをふっくらと炊いて、手軽な具を加えて、美味しい混ぜご飯にしませんか?」



1.しらすとごまの混ぜご飯

材料(3~4人分)
米 360ml(2合)

しらす干し 60g
白ごま 大さじ4
レモン汁 大さじ2
細ねぎ 6本 ←小口切りに
レモン 3~4切れ ←くし形に切って添える


・ご飯を炊く。
ボウルに米(360ml/2合)を入れ、たっぷりの水を注ぎ1~2回かき混ぜて洗う。最初の水はすぐに捨てる。
ボールを握るような手つきで、優しく10回くらいかき混ぜ、水を注いで濁りを流す。
これを2~3回、濁りが少なくなるまで繰り返す。

・水が澄んできたら米をざるにあげ、20~30分ほど置く。(長くおくと乾燥して米が割れるので注意。)
その後、炊飯器の内がまに米を移し、目盛りどおりに水を入れ、20分水につける。

・米にしっかりと水を吸わせたら、炊飯器で炊く。
炊き上がったらしゃもじで底から上下を返し、ほぐすように混ぜる。
つやが出てふっくらする。

・しらす干し(60g)、レモン汁(大さじ2)、白ごま(大さじ4)、小口切りにした細ねぎ(6本分)を加え、
粘りが出ないように、切るようにさっくり混ぜる。

「ごまと細ねぎの、風味豊かなしらすの混ぜご飯。
さわやかなレモンの酸味が、ご飯に合いますよ。」



* * *


2.豚しゃぶと梅と水菜の混ぜご飯

材料(2人分)
ご飯(温かいもの) 350g
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 80g
水菜 80g
梅干し (大)1コ


・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用/80g)は、1枚ずつさっとゆでる。
色が変わったら取り出して水けをふき、3mm幅に切る。

・水菜(80g)は、1~2cm幅に切り、ざるに広げて熱湯をかけ、粗熱が取れたら水けをしぼる。

・梅干し(大1コ)は、包丁で細かくたたいて、豚肉によくからめる。

・ボウルにご飯(温かいもの/350g)を入れ、豚肉と水菜を合わせ、さっくり混ぜれば出来上がり。

「梅と豚の味がご飯によくなじみ、水菜の歯触りがシャキシャキ。
さっぱりとした一品です。」


* * *


3.ハツ江のおいしい知恵 「米はやさしく洗う」

・精米技術が進んだ今、米をゴシゴシと洗う必要はない。

・2~3分で手早く洗うことで、ぬかのにおいが米につかない。

・手のひらで強く押して洗ったり、ざるに入れて網にこすりつけて洗うのはNG。
米が割れやすくなる。


* * *


お隣の伊守さんが「暑くて食欲がない」とハツ江さんに助けを求めてきました。
ちょうどご飯が炊けるので、食べさせてあげることに。
このやりとりを庭木に隠れて盗み聞きしているとし子。
(なぜここまでしなきゃいけないのか?)

「どう?混ぜご飯。レモンが効いて食欲がわくでしょう?たくさん食べてね」
そんな伊守さんの横で、がっつり食べるとし子。
「とし子はいっつも食欲十分で心配いらずね」・・・いつまでも親に甘える残念な人にしか思えないのですが。

混ぜご飯は、2013年10月に『 ふっくらご飯の炊き方 完全マスター 』でもやっていました。
こちらもどうぞ!