ハツ江さんちの美味しいごはん

アクセスカウンタ

zoom RSS 達人直伝 夏の麺と丼 (その3)  【だしをきかせて サラサラ汁ご飯】

<<   作成日時 : 2016/07/31 18:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【本日のお品書き】
 1.なすもみの梅肉風味茶漬け
 2.豚バラとレタスのスープかけご飯
 3.ハツ江のおいしい知恵 「達人直伝!だしのとり方」



2016年7月分の放送「達人直伝 夏の麺と丼」のレビュー3回目です。
今日はサラサラ汁ご飯です。

電子番組表にはこんな感じの説明がありました。

食欲が落ちる夏でも、サラサラと食べられる汁ご飯!だしをきかせて、具に一工夫すれば、楽しみ方はいろいろ!

▽なすもみの梅肉風味茶漬け♪塩もみしたなす・みょうが・青じそに、梅肉をあえて、お茶漬けにトッピング。
ポイントは、煎茶を煮出しただし。砕いたピーナツも加えて、歯触りと風味がアップ!
▽豚バラとレタスのスープかけご飯♪バラ肉のうまみたっぷりの味わい深いスープ!
レタスは食感が損なわれないよう、軽く火を通す。
▽ミニコーナーは、達人直伝のだしのとり方


* * *


「だしをきかせて サラサラ汁ご飯」

「汁かけご飯は、食が細くなりがちな夏に嬉しいメニュー。
和食の達人の腕にかかれば、贅沢な一品に変身です。」



1.なすもみの梅肉風味茶漬け

材料(2人分)
なす 2コ(約150g)
みょうが 1コ
青じそ 5枚
 水 カップ3
 塩 小さじ1
梅肉 大さじ1
薄口しょうゆ 小さじ1

だし カップ1
うす口しょうゆ 小さじ1
酒 小さじ1/2
塩 1つまみ
煎茶の茶葉 小さじ1

ご飯(温かいもの) 200g
バターピーナツ 適量 ←砕いておく


・なす(2コ/約150g)は、ヘタを取って縦半分に切り、端から薄切りにする。

・みょうが(1コ)は、縦半分に切ってからせん切りにし、長さを3等分にする。

・青じそ(5枚)は、せん切りにする。

・ボウルに、水(カップ3)をはり、塩(小さじ1)を入れ、切った野菜を加える。
水の中で軽くもみ、1〜2分つける。
(塩水で野菜をもむことで、塩味がつきアクも取れる。)

・ざるに上げ、ぬらしたガーゼや布巾などに包んで、
まな板の上で転がしながらもむと、まんべんなく水分が抜ける。
最後にギューッと水けをしぼる。

・絞った野菜に、梅肉(大さじ1)、薄口しょうゆ(小さじ1)を加えて和える。

・鍋に、だし(カップ1)、うす口しょうゆ(小さじ1)、
酒(小さじ1/2)、塩(1つまみ)を入れ、
温めてから煎茶の茶葉(小さじ1)を入れ、弱火で1〜2分煮出してから、だしを濾す。

・器にご飯を半量ずつ盛り、梅肉で和えた野菜をそれぞれのせ、
温かいだしを注ぎ、あられに見立てたバターピーナツ(適量)をのせる。

「梅肉あえの野菜が、味のアクセントに。
ピーナッツが入って、香ばしく仕上がりました。」



* * *


2.豚バラとレタスのスープかけご飯

材料(2人分)
豚バラ肉(薄切り) 60g
レタス (小)2枚

スープ
 だし カップ1と1/4
 うす口しょうゆ 大さじ1
 酒 小さじ1
 塩 2つまみ
 こしょう 少々

ご飯(温かいもの) 200g


・豚バラ肉(薄切り/60g)は、食べやすい大きさに切る。

・レタス(小2枚)は、一口大にちぎっておく。

・スープを作る。
鍋に、だし(カップ1と1/4)、うす口しょうゆ(大さじ1)、酒(小さじ1)、
塩(2つまみ)、こしょう(少々)を入れて中火にかける。
煮立ったら豚肉を入れ、肉の色が変わったらレタスを加え、しんなりしたら火を止める。

・器にご飯(半量ずつ)を盛り、それぞれスープをかけて完成。

「だしに、豚バラ肉のうまみが加わり、味わい深いスープになりました。」


* * *

3.ハツ江のおいしい知恵 「達人直伝!だしのとり方」

「昆布と削り節のうまみを生かした、達人直伝のだしをご紹介しましょう。」

・昆布(15cm)と、水(1リットル)を、ピッチャーなどのふた付き容器に入れ、
冷蔵庫に一晩おき、ゆっくりとうまみを引き出す。

・鍋に移して中火にかけ、煮立ってきたら、沸騰しない程度の弱火で30分ほど煮出す。
(沸騰させないことで、雑味を出さずにうま味だけを出す。)

・昆布を取り出し、削り節(15g)を加え、すぐに火を止める。
ボウルにざるを重ね、さらにパーパータオルをのせて濾せば、本格的なだしの出来上がり。


* * *

「だーれこんなイタズラしたのはー!犯人はきっと、プチね!」
そういいながらさらさらっと指名手配の似顔絵を描くハツ江さん。
プチの顔が極悪人みたいになってる(苦笑)。
「見つけた人には特製茶漬けをごちそうします」ということで、
あかねと翔太が協力に名乗り出ました。

犯人のプチ、お隣の伊守さんの家に上がりこんでいたとのこと。
連れてきてくれたお礼に、伊守さんにもごちそう。
「プチを探してくれてありがとう」と、みんなでお茶漬けを食べている間に、
タンスに貼ってあった極悪顔のプチの指名手配イラストを、前足で剥がしてます。かわいい。


Amazonアソシエイト by 冬島産日高昆布70g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

達人直伝 夏の麺と丼 (その3)  【だしをきかせて サラサラ汁ご飯】 ハツ江さんちの美味しいごはん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる