レンジ上手は料理上手! (その5)  【マーボー豆腐】

【本日のお品書き】
 1.マーボー豆腐
 2.チンジャオロースー



お待たせしました!10月分の放送の第5回目です。
(1週間記事が遅くなりました・・・ごめんなさい。)


電子番組表にはこんな感じの説明がありました。

今回は、強い火力が必要と思われがちな中国風のおかずを、電子レンジで作る方法を紹介する。
耐熱容器に材料を入れる順番や、電子レンジから取り出したあとの仕上げといった、
ちょっとしたコツをマスターするだけで、人気の中国風おかずが、おいしく仕上がる。
電子レンジに1回かけるだけの「マーボー豆腐」や、
牛肉とピーマンの歯応えがおいしい「チンジャオロースー」を作る。



* * *


「マーボー豆腐もレンジで簡単!」

「火力が必要な中国料理も、電子レンジならあっという間。
中華鍋を使わなくてもマーボー豆腐が美味しく出来るのよ。」



* * *


「今年の秋はスポーツをするんだ!って、とし子がジョギングを始めたんだけど・・・」
公園を歩くハツ江さん。ピンクのジャージを着てジョギング(?)するとし子。
「それにしても遅ーい。翔太はもう2周目よー」
ハツ江さんの歩くスピードと変わらないので、もうジョギングじゃないですね(苦笑)。
元気な翔太があっという間に抜かしていきます。



* * *

1.マーボー豆腐

材料(2人分)
木綿豆腐 1丁(300g)
豚ひき肉 100g
ねぎ 1/2本(50g)
しょうが 1/2かけ
 みそ 大さじ2
 しょうゆ 小さじ2
 酒 小さじ2
 砂糖 小さじ2
 豆板醤(トウバンジャン) 小さじ1/2
 片栗粉 小さじ2



・まな板にペーパータオルをひいて、木綿豆腐(1丁)(300g)をのせ、2cm角に切る。

・ねぎ(1/2本)(50g)はみじん切りに、
しょうが(1/2かけ)は皮を薄くむき、みじん切りにする。

・耐熱ボウルに、豚ひき肉(100g)、ねぎ、しょうがを入れ、
続いて、みそ(大さじ2)、しょうゆ(小さじ2)、酒(小さじ2)、砂糖(小さじ2)、豆板醤(小さじ1/2)を順に入れる。

・片栗粉(小さじ2)を加えて混ぜる。(これがマーボー豆腐のとろみの素になる。)
スプーンの背で耐熱ボウルの内側に均等に広げ、ボウルの側面にも貼りつけておく。

・豆腐をボウルの真ん中に入れる。こうすることで全体がバランスよく温まる。
ラップをふんわりかけて、電子レンジで約7分。


* * *


家に帰って、とし子は居間でぐったりしています。
「・・・もうジョギングやめちゃったの?やっぱり向いてないから違うスポーツにしたいって?
いったい何を始める気かしら・・・?」
とし子はハツ江さんと一緒にやってきた猫のプチを、いきなり持ち上げ始めます。
「え?それ、重量挙げのつもり?」
カッコよく持ち上げた瞬間、プチに顔を引っ掻かれ逃げられてしまいました。



* * *

手順の続きです。

・温めたらラップを外し、スプーンでまわりのひき肉を崩しながら、汁と混ぜる。
先に混ぜた片栗粉が、食材から出た水分や調味料に溶けて、
また混ぜることで全体の温度が下がり、次第にとろみが出る。


「さっ、これで出来上がり。
一回電子レンジにかけるだけで、ひき肉も豆腐もちょうどよく温まるの。
お豆腐もプルプルでふっくらできましたよ。」



* * *


「スポーツの後はご飯がおいしいって?
だからってそんなに食べたらちっとも痩せないわよ。」
子供たちと一緒にご飯を食べています。
ガツガツ食べるとし子。ご飯のおかわりをハツ江さんに言いますが
「おかわりは子供たちだけですよ」と言われてしまいます。
そこで、(なぜ、どこに隠していたか分かりませんが)プリンを取り出すとし子でしたが・・・
「もちろん、おやつも禁止です!」とハツ江さんに取り上げられてしまいました。



* * *


2.チンジャオロースー

材料(2人分)
牛肉(焼肉用) 150g
 オイスターソース 小さじ2
 しょうゆ 小さじ2
 砂糖 小さじ1
 片栗粉 小さじ1
ピーマン 3個
生しいたけ 4枚(60g)
しょうが 1/2かけ
ねぎ 1/5本(20g)


簡単な説明だったので、手順は以下ハツ江さんのセリフで。


「チンジャオロースーも電子レンジで。
牛肉は1cm幅に切ってボウルに入れ、オイスターソースなど下味の材料を加えます。
片栗粉もここで加えてもみ込んでおくのよ。
ピーマンは5mm幅の千切り、しいたけは薄切りに。ねぎとしょうがはみじん切りにしていてちょうだいね。
耐熱皿に、ピーマン、しいたけ、ねぎ、しょうがを入れ、縁にそって牛肉を入れます。
ふんわりラップをかけて、電子レンジで4分ほど。取り出したらよく混ぜてね。
牛肉は柔らかく、ピーマンはシャキッとして色鮮やかなまま。
炒めるよりも簡単で本格的な味なのよ。」



* * *


マーボー豆腐のとろみは、
一般的には水溶き片栗粉を仕上げに加えるもの。

電子レンジ調理の場合、ひき肉に直接片栗粉を混ぜる。

下味段階で片栗粉を加えることと、加熱後に混ぜ合わせることで、
食材から出た水分や調味料と片栗粉が混ざり、とろみがつくという仕組み。

(ちなみにエビチリでも応用可能。この場合はエビに直接片栗粉を混ぜる。

フライパンで作る本格的マーボー豆腐は先月やったので、もしよければこちらも参考に。
 → 大豆製品を味わいつくす (その5)  【マーボー豆腐】


プリン、子供たちの分もあるのかしら?
なんでご飯の時にわざわざ外に出していたのかしら?
なんだかよく分かりませんねぇ。
ハツ江さん、もっと厳しくしたほうがいいですよ!


Amazonアソシエイト by ユウキ 四川豆板醤(チューブ) 100g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル