大豆製品を味わいつくす (その4)  【豆腐と豚バラ、にらのチャンプルー】

【本日のお品書き】
 1.豆腐と豚バラ、にらのチャンプルー
 2.(いり豆腐)



9月分の放送の4回目です。
今日は炒め物ですよ。

電子番組表にはこんな感じの説明がありました。

今回はお手軽に作れる豆腐の炒め物を紹介。
豆腐をちぎって使うことが、味のなじみをよくするコツ。炒めることで水けが飛び、豆腐のうまみが凝縮される。
あっさり味の豆腐・豚肉のうまみ・にらの風味が合わさり、
卵のまろやかさがプラスされた「豆腐と豚バラ、にらのチャンプルー」や、
豆腐とひき肉・卵のうまみが一つになって、しみじみとおいしい「いり豆腐」をつくる。



* * *


「ちぎっておいしい 豆腐の炒め物」


「豆腐は食材として、とても優秀。
今日は、豆腐が炒め物で活躍するレシピをマスターしちゃいましょう」



* * *

「くるくるくるくる、くるくるくるーりー」
庭で、何かに向かって指で渦巻き中のハツ江さん。
そこに、お隣の伊守さんがやってきます。
「あら、伊守さん?今ね大事なところなんだから、邪魔しちゃだめよ・・・」
・・・とお話ししている間に、何か=赤とんぼが飛んで行ってしまいました。
「はぁーぁぁ、逃げちゃった。赤とんぼがいたのよー。もうすぐ秋なのね・・・」
言い終わる前に、またしても伊守さんのお腹がグー。
「またお腹がすいてるの?食欲の秋でもあるわねぇ」



* * *


1.豆腐と豚バラ、にらのチャンプルー

材料(2人分)
木綿豆腐 1丁(300g)
豚バラ肉(薄切り) 100g
片栗粉 小さじ1
にら 1/2ワ(50g)
塩 小さじ1/2
卵 1個
ごま油 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
削り節 1袋(約5g)



「手軽で簡単、今日は人気のチャンプルーを作ってみますよ。」


・木綿豆腐(1丁 300g)は手で8等分くらいの大きさにちぎって、ペーパータオルを敷いたバッドに並べ、
上からもペーパータオルをかぶせて水けを切る。

・豚バラ肉(薄切り 100g)は、5cmの長さに切って、片栗粉(小さじ1)をふってまぶしておく。

・にら(1/2ワ 50g)も、5cmの長さに切っておく。


* * *

キッチンでチャンプルーを作っています。伊守さんもお手伝い中。
「♪いまはー もうあきー 」
ハツ江さん、こぶしをマイク代わりにして「だれもー いないうみー♪」と、気持ちよく歌います。
横の伊守さんは急にノリノリで歌いだしたハツ江さんにびっくり。



* * *


調理の続きです。

・フライパンにごま油(大さじ1)を入れて、中火で熱し、
豆腐と豚肉を入れて、そのまま2分間ほど焼く。
焼き色がついたら、豆腐と豚肉を返して、さらに2分ほど焼く。

・塩(小さじ1/2)を全体に振って軽く混ぜ、溶き卵(1個分)を回し入れる。
木べらで、底から大きく返しながら混ぜる。

・にらを加え、上下を大きく返して混ぜて、にらに火を通し、
フライパンの中央をあけて、しょうゆ(小さじ1)を入れ、全体を混ぜ、
削り節(1袋 約5g)を加えて、さっと混ぜたら、出来上がり。


「豚肉のうまみをたっぷりと吸った豆腐が絶妙。
手軽に作れる簡単おかずですよ。」



* * *


チャンプルーをつまみに、2人で一杯(いや、たぶんそれ以上)やったようです。
伊守さんはウトウトと、ハツ江さんは縁側で夕焼け空を見ながら
「だんだんいい季節になってくるわねぇ・・・」とつぶやきます。
そこに、とし子、あかね、翔太が帰ってきましたよ。
浮き輪、ゴーグル、日焼けした肌・・・
「あらー、とし子たち、プールの帰りなのかい?・・・あんた達ったら、まだまだ夏なのね」



* * *


2.いり豆腐


簡単な説明だったので、手順は以下ハツ江さんのセリフで。

「ちぎった豆腐を使って、もう一品。いり豆腐を作ってみましょう。
フライパンにごま油を入れて中火で熱し、鶏のひき肉を入れて広げ、
その上にせん切りにしたにんじんを広げ、2分間。
ひき肉の色が変わったら、水切りをした豆腐を加え、強めの中火、豆腐を崩しながら炒めます。
そこに、しょうゆと砂糖を混ぜたものを回し入れ、更に2分炒め、最後に溶き卵を回し入れ
卵が固まってきたら、大きく返しながら炒めあげます。
豆腐とひき肉、卵のうまみがひとつになった、懐かしい味の簡単おかずですよ。」



* * *


今日のポイントも、豆腐の水切りの方法。
「ペーパータオルをかぶせ水けを切る」と、焼いた時に水っぽくならないのですね。

多めの油で揚げたり焼いたりするときは、
#3の水切りの仕方でやりましょう。


最近、お隣の伊守さんのTシャツの柄が楽しみです。
今日は「土星」と書いてあり、前回(縁側行水パーティ)では渦巻き柄。
前はカーリングの的みたいな柄も着ていたような?
お腹が鳴った時の、照れながら頭をかく仕草もかわいい。


ハツ江さんは色々なところで秋を見つけていました。
けれど、とし子達はまだまだ暑さを満喫中。
こちらも、暑い部屋でこうしてパソコンに向かっています。
早く過ごしやすい気候にならないかなぁ・・・。

ちなみに、ハツ江さんが熱唱していたのは、この8曲目でした。↓

ゴールデン・ベスト
EMIミュージックジャパン
2002-11-20
トワ・エ・モワ

Amazonアソシエイト by ゴールデン・ベスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル